ジフルカンは女性の媚薬

バイアグラといいますと、男性用インポテンツ治療薬のイメージが強いですが、女性にもバイアグラがあります。
女性用バイアグラとして、製品化しているものまであります。
バイアグラで有名なファイザー社は、男性用バイアグラの大ヒットを受けて、女性にもこのような商品を開発できないかと思い、女性用の性交補助薬の開発に取り組み、ウーメラやフォルカンやジフルカンなどを開発しました。
ウーメラやフォルカンやジフルカンは女性用バイアグラとして有名です。
主にどのような人が使うかといいますと、不感症の女性やオーガズム不全の人、あるいは性交時に膣の分泌液があまり出ず、性交痛でうまく性行為ができない女性が使っています。
また、中高年や閉経後の女性にも人気があります。
まずウーメラという薬は、バイアグラと同じ血流をよくして、不感症を治そうという薬です。
女性器周辺の血流をよくすることにより、神経が敏感になりますので、感度があがるというわけです。
感染症を治療する以外に、膣液の分泌を促し潤わせる効果があり、女性器の感度を上昇させつつ、性病の治療や予防に効果があります。
感染症を治療しながら、膣の潤いを保つフォルカンは、性交にお悩みの方や感染症予防をしたい女性には適切な薬と言えます。
ジフルカンという薬はもともとは真菌治療のための抗真菌薬として、男性用バイアグラよりも前から使われていました。
ジフルカンを使うと、膣の分泌液が増加するということに目をつけ、媚薬効果として利用したのです。
ようするに、抗真菌薬の副産物を利用したわけです。
ジフルカンを使用すると、膣が濡れやすくなり、感度が増し、不感症には最適のくすりです。
やはり、より良い性生活をおくるには、このような媚薬効果のある性交補助薬を使った方がよいかと思われます。
ジフルカンを使用することで、以前は苦痛だった性行為が今は気持ちが良い最高の性生活が送れているといったような声もたくさん聞かれます。
また新たにフリバンという最新女性用バイアグラのジェネリック医薬品が発売されました。主成分はフリバンセリンで女性の性的欲求低下の改善に使われおり、脳内に作用して性欲そのものを増進させます。
不感症などで悩んでいる人がいましたら、ぜひ使ってみることをおすすめします。