性病に掛からないための方法

性病とは、性行為によって感染する病気の総称です。そこで性病に掛からないようにする方法は性行為を行わないこと。ただそうも言ってられないのでもうすこし現実的な方法を考えてみましょう。

性行為をおこなうときはコンドームを使用することです。望まない妊娠を回避するためにも必要です。ところが性行為をおこなわなくても感染する性病もあるのです。口腔、のど、気道、眼からの感染もあります。そのため飛まつ感染、飲み物のまわしのみ、不潔な風呂や便座などから感染することもあります。

そのため不特定多数を相手に性行為をすることは危険な行為なのですが、それとは別に感染することもあります。そして特定の性病に効果がある薬としてジフルカンがあります。

ジフルカンは性病の原因にもなっている真菌を死滅させる作用がある薬です。真菌を包む細胞膜にダメージを与えて死滅させます。カンジダとクリプトコッカスという真菌にとくに有効な薬です。真菌が原因ではない性病には効果はありません。また副作用としては発疹、発熱などの過敏症状などができることが稀にあります。

カンジダは男性の場合は亀頭~包皮にかけての発赤、痒みと伴う亀頭包皮炎をひきおこすことがあります。女性も性器においておりものの増加、嫌な臭い、強い痒みがあるため、カンジダ=性病と考えている人が多いのですが、実際には性病ではありません。カンジダは女性は妊娠中やピルを飲んでいる時も黄体ホルモンの影響を受けて膣内のグリコーゲンが増えることで発症しやすくなります。ほかにも免疫力の低下でおきるケースがあります。

またジフルカンは服用するタイプの薬なので、吸収されると全身のカビの感染症に効果を発揮します。呼吸器や消化管、血液系などの感染症にも効果があります。