両親に腎臓移植した時の女性用バイアグラのジフルカン

女性用バイアグラとも呼ばれるジフルカンは一般的にカビといわれる真菌を殺す治療薬です。消化器の真菌症や呼吸器の真菌症など全身のどこにでも作用するものです。また、女性器のカンジダ膣炎にも使われる治療薬なのです。この薬剤ななぜ女性用バイアグラといわれるようになったかといえば、副作用として女性の性器の潤いを増やす効果があるからです。ストレスや体調悪化、年齢を重ねた女性では女性器の潤いが足りずに性交痛があり、性行為から遠ざかってしまうことがあります。そこでジフルカンを摂取すれば生活の改善に役立つというわけです。しかしジフルカンには別の副作用もあり、非常にまれですがもともと腎臓に持病のある方の場合、急性腎不全を引き起こしてしまう恐れがありますので注意が必要です。腎臓は体の老廃物を排除したり血圧を調節するなど人間の体にはかかせない重要な臓器です。腎臓は二つあることから移植も行われており、有名人でも夫婦で両親に腎臓移植をしたというケースもありました。このような場合には腎臓が1つのためさらに副作用にはさらに注意する必要があります。ジフルカンは女性用バイアグラと一部ではいわれていますが、女性の性機能の問題という疾患で処方されることはありません。病院での処方はあくまで真菌によって引き起こされる病気の治療のみとなっています。どうしても入手した場合には個人輸入などでアメリカなどから取り寄せることもできます。日本国内でも認証されている薬ですので輸入することは違法ではありません。病院で処方されると保険適応にもなり費用も安くなります。カンジダ膣炎などにより性交に問題が発生している場合もありますが、このような時には処方されます。